eclectic Houses by 家山真建築研究室 Makoto Ieyama Architect Office

homify 360°: フレキシブルに間取りを変える「南砺市の家」

kiyohide.hayasi— homify kiyohide.hayasi— homify
Google+
Loading admin actions …

家はそこに住む人が生活を行う場所です。そのため家族が一緒に過ごす場所になります。でも一緒に過ごすのは家族だけではありません。短い時間ですが、友人や親せきも訪れることになります。そのため家の中に人が集まる場所があれば、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。そこで紹介したいのは多くの人が集まれる家。家山真建築研究室が手がけた「南砺市の家」ではフレキシブルに使える空間が生み出されています。

多くの人が集まれる家

今回家の設計を依頼したクライアントが求めていたのは、夫婦2人の住まいに多くの人が集まれる空間を設けること。それが意味するのは多くの人がただ集まれる場所ではありません。集まった人が一緒に心地良く時間を過ごせることが重要なのです。このようなクライアントの要望に応えて本住宅は建てられました。

シンプルな外観

家は木造平屋建てで外壁は黒色にまとめられています。そんな建物が感じさせるのはシンプルな印象。装飾を抑えた外壁に窓が規則的に並んでいます。建物の外観にアクセントを与えるのは併設するガレージ。その出入口にはナチュラルな茶色の木の引き戸があり、暗い色の建物に暖かさを加えています。このような家は周りの風景を乱すことはありません。シンプルな外観の建物はのどかな風景に溶け込んでいます。

明るく暖かな雰囲気を持つ室内空間

建物内部にはゆとりを感じさせる空間が広がっています。リビングとダイニングキッチンにあるのはフローリングの部屋。そこでは床だけでなく、柱、天井、格子戸が木で作られており、部屋の中に暖かな雰囲気を生み出しています。また屋根裏の無い高い天井は開放感を感じさせてくれるでしょう。このような空間を満たすのは暖かな太陽の光。多くの窓が取り付けられているため、家の中では明るさを感じることができます。

フレキシブルに変えられる間取り

今回多くの人が集まるために考えられたのは部屋のサイズを変えることができるフレキシブルな間取りです。リビングルームにあるのは部屋を分けることができる引き戸。引き戸を閉めればリビングとダイニングキッチンを分けて使うことができます。同様の部屋の仕切りは和室でも見ることができます。和室と畳敷きの廊下の間にあるのは仕切りの障子。それを収納すると、和室と廊下は繋がり、広い畳の部屋へと変わります。そのため多くの人が集まる時でも問題なく家を活用することができるのです。

多くの人が集まれる心地良い空間

多くの人が集まることを考えると家に広い部屋が必要となります。でも夫婦2人が住む家には広い部屋は常に必要ではありません。もちろん狭い部屋であれば、多くの人が集まった時に窮屈になってしまいます。そこで本住宅ではフレキシブルに家の空間を使うことができるです。このような家では、夫婦2人でも、そして多くの人が集まっても、心地良い時間を過ごすことできるでしょう。

Whitton Drive:  Terrace house by GK Architects Ltd

Need help with your home project? Get in touch!

Request free consultation

Discover home inspiration!