小さくても魅力的な5つの庭

小さくても魅力的な5つの庭

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

庭と言えば、自然を身近に感じたり、外の風や太陽の光をあたる場所になります。そんな庭ですが、多くの人は広い敷地が必要だと思うかもしれません。確かに大きな敷地があれば、庭を造ることは簡単です。ですが小さな敷地や小さな家であっても、庭を設けることは可能なのです。そこで紹介したいのは小さくても魅力的な5つの庭です。それぞれ違った魅力を持つ庭を見ていくことにしましょう。

開放感を生み出す中庭

建築事務所ARBOLが手がけたのは「鳳の家」。それは家の中に造られた中庭ですが、配置を考えることで、効果的な空間を生み出しています。中庭があるのは外壁と家の間。幾つかの中庭がありますが、どれも小さく、広がりを感じさせるわけではありません。ですが、そんな中庭で部屋を挟むと、まるで庭の中に部屋があるように感じられます。そのため小さな庭であっても、大きな庭があるような効果をもたらします。もし大きな庭を造る敷地が無くても、このように配置を考えれば、大きな効果を生み出すことができるのです。

僅か50センチのデッドスペースを活用した庭

幅が僅か50センチの庭を造ったのはガーデンデザインなどを手がけるVIESOUPLE。通常では何も使うあてのないデットスペースを活かして、生活に落ち着きをもたらす空間にしました。庭があるのは隣家との境界部分。そこは狭く日影になるため、頻繁に人が出入りできず、植物を植えることもできません。そこで考えられたのは植物の世話をする必要がない枯山水風の庭園。家の隙間に設けられた庭園ですが、それは家の中から見ることができます。庭に面する部分には和室が設けられて、和の庭を楽しめるようになっています。小さな庭は和の雰囲気を盛り上げてくれるのです。

マンションのバルコニーに作られた緑の空間

都心部になると多くの人がマンションに住んでいます。マンションに住むと多くが高層階になるため、庭を持つのは簡単ではありません。ですがバルコニーさえあれば庭を持つことができます。設計やガーデンデザインを行うSUNIHA UNIHAが手がけたのは、そんなバルコニー造られた庭。バルコニーにはプランターが並べられて、そこには緑の空間が生み出されています。ここで考えられたのは葉を撒き散らさず、鳥が集まってこないような植物を選ぶこと。そのため落ち葉の掃除や鳥害に悩まされることのない庭となりました。このようにマンションのバルコニーであっても気軽に緑を楽しむことができるのです。

光や風をもたらす中庭

眞野サトル建築デザイン室が手がけたのは、中庭のある家「清水谷の家」。中庭は家の中心部に造られて、水盤などが置かれた和風庭園になっています。外で時間を過ごすには少し小さい中庭ですが、住まいに大きな効果を生み出します。それは壁に囲まれた家の中心部に太陽の光や外の風をもたらすこと。そのため家が明るく風通しの良い空間になるのです。小さな庭といっても生活には大きな効果をもたらすため、侮ることはできません。

壁を庭にする壁面緑化

もし庭を造るようなスペースが無くても、庭を造ることは可能です。髙橋造園土木が実現したのは壁面緑化。壁に多くの植物を植えて、緑の壁を造りだしています。それは垂直に造られた庭と言うことができるでしょう。そこに植えられたのは、モミジ、イワナンテン、ツワブキ、アジサイなど。それは一年を通じて壁を彩ることになります。そのため季節を通じて緑を楽しむだけでなく、季節の花などで季節感を得ることができるでしょう。このように庭が無くても、壁と小さなスペースさえあれば、自然を身近に感じることができるのです。

Whitton Drive:  Terrace house by GK Architects Ltd

Need help with your home project?

Get in touch!

Need help with your home project?

Get in touch!

Request free consultation

Discover home inspiration!